イベントレポート

2018.12.28

2018年東証大納会に参加してまいりました!

こんにちは!

兜LIVE!編集部です。


本日、東京証券取引所にて、1年間の取引の最終日に行われる東証大納会が行われましたので、兜LIVE!編集部でも参加してまいりました!




◆ 東証大納会って?

「大納会」は、日本の証券取引所にて、その年の最終取引日に開催されるもので、土日祝日が重ならなかった場合は基本的に12月30日に行われます。


また、今回参加した東京証券取引所の大納会では、2002年以降「その年の顔」となったキーパーソンをゲストとしてお呼びし、立会終了の鐘を5回鳴らすことが恒例になっています。


今年は、ロシアW杯において、日本代表をベスト16に導いた西野朗さん(前日本代表監督)がゲストでした♪




ちなみに、今年の終値は20,014.77円となりました!



◆ 大納会の様子

年始年末・祝日を除く、平日9:00〜16:30であればいつでも見学可能な東証(東証Arrows)ですが、大納会の日も見学可能になっています。


開催2時間前の13:00から東証ホールにて、西野さんによる「サッカーにおけるチームマネージメントと組織論」をテーマにしたトークイベントが開催されていることから、開始30分前にも関わらず多くの方が見学されていました。




東証Arrowsのチッカー(後ろのぐるぐる回る掲示板)の中には、その年に上場された会社の経営者や証券関係者、抽選で当選した一般の方々は入ることができます。


はじめに、日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO 清田 瞭さんより挨拶がありました。



日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO 清田 瞭さん


清田さんからは、株式市場の1年の振り返りを中心にお話がありました。

今年は過去最高の98社が上場され、これからも様々な企業が上場していくサポートをしていくと同時に、引き続き市場基盤の維持と強化に取り組み、安心してご利用できる市場運営に努めていきたいと仰っていました。


次に、前日本代表監督である西野さんからのお話がありました。



前日本代表監督 西野朗さん


西野さんは、今年は自然災害などがたくさんあって、W杯の時もどうすれば被災地された方に元気や勇気を届けることができるかを考えていました。来年もスポーツを通して、様々な人に"力"を届けていきたいです。


約5万人のファン・サポーターの視線を浴びたロシアW杯の時はあまり緊張しなかったのですが、今この瞬間はとても緊張しています(笑)と、ユーモアたっぷりのお話をされていました。


その後、毎年恒例の鐘つきが行われました。

鐘つきの様子はyoutubeにアップされているので、ぜひご覧くださいませ♪





最後に、東京証券取引所 取締役専務執行役員 岩永守幸さん発声のもと、3本手締めが行われ、大納会は終了しました。





◆まとめ

証券関係者だけでなく、一般参加者の方もたくさん参加されていました。チッカー内部には一部の方のみ入ることができたのですが、チッカー外の2Fから見学されている方もたくさんいました。


また、東証にて現在、投資を題材にした漫画「インベスターZ展」が開催されています。




株に関することが分かりやすく解説されているので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?(東証の社員もパネルで出演されています!)


最後に、兜LIVE!として、今年もたくさんのイベントを開催してまいりました。兜町エリアの再開発プロジェクトも日々進んでおりますので、来年も引き続き日本橋兜町・茅場町の魅力をみなさんに発信していきたいと思います!


それでは、良い年始年末をお過ごしください♪

来年もいい年になりますように(*^^*)!



******************


▼兜LIVE!(かぶとらいぶ)

人と歴史と未来をつなぐ応援プロジェクト

兜LIVE!では、たくさんの方が兜町・茅場町に親しみを持っていただけるような楽しく勉強になるイベントを企画・実施していきます。Facebookやinstagramをフォローして最新情報をチェックしてくださいね。

Facebook

Instagram



Facebook

リンク

< 前のページに戻る