イベントレポート

2017.09.04

一般社団法人Fintech協会 代表理事の工藤さんの取材に行ってまいりました!

みなさん、こんにちは!

兜LIVE!編集部です。


先日の『Tokyo Financial Street 015』にお越しいただいた、一般社団法人Fintech協会(以下、Fintech協会)代表理事の工藤博樹さんの取材に行ってまいりました!


撮影:兜LIVE!編集部


\ こんなことお聞きしました! /

◆これから新しくなる兜町・茅場町に期待すること、理想像について
◆兜町・茅場町に関わっていき、これから新しい街をつくる人々へのメッセージ

◆海外から見た兜町・茅場町について

◆兜町との関わりや思い出について



Fintech協会って?

Fintech協会とは、国内外の関連諸団体、関係省庁等との情報交換や連携・協力のための活動を通じて、オープンイノベーションを促進させ、Fintech市場の活性化および世界の金融業界における日本のプレゼンス向上に貢献することを目的としています。

現在、ベンチャー会員は73社(※17年5月末時点)、法人会員は168社(※17年6月末時点)が所属しています。


一般社団法人Fintech協会



インタビュー:Fintech協会 代表理事 工藤さん×兜LIVE!編集部

◆これから新しくなる兜町・茅場町に期待すること、理想像について

兜LIVE!編集部(以下、兜) :工藤さん、こんにちは!本日はお忙しい中お時間をいただき、ありがとうございます。早速ですが、兜町・茅場町にはこれから新しいビルが建つなど再開発プロジェクトが進んでいますが、金融の街として期待することや、理想像(イメージ)などはありますでしょうか?


工藤さん :スタートアップを中心とした勢いのある企業が集まってくるのが理想像ですね。あとは、兜町・茅場町エリアに住んでいる人たちも一緒に街を盛り上げていければ良いですよね。金融と聞くと難しそうなイメージを抱かれる方が多いと思いますが、実際はそのようなことはなくて、自分の資産をどのように形成していくのか、もしくは自分が困った時に金融という面でどのように助けてもらうのかを考えることは、生活していく上で必要なことだと思うので、このエリアでは、多くの企業や人が集まるだけではなく、金融教育も行われていくと、さらに良いですよね。


 :このエリアにいる企業さんや働いている人たちだけではなく、実際に住んでいる人たちも一緒に"金融の街"として発展させていくということですね!



撮影:兜LIVE!編集部


◆兜町・茅場町に関わっていき、これから新しい街をつくる人々へのメッセージ

:これから兜町・茅場町エリアには、Fintech企業を始め、新しい"金融"を作っていく人々が集まってくるかと思いますが、そういった方々に何かメッセージや伝えたいことはありますでしょうか?


工藤さん:色々な金融サービスが生まれてきているので、スタートアップと既存金融機関でサービスで競合する部分等も生まれてくるかと思いますが、お互いが知恵を出し合い、協業できる部分は助け合ったりしながら、みんなで金融全体のことを盛り上げていきたいですね。


:大きな目線で見ると、自分たちのことだけでなくて、金融そのものを盛り上げていこうとみんなで考えていくことが大切なのですね。



◆海外から見た兜町・茅場町について

:工藤さんは、Fintech協会の代表理事をされているだけでなく、Fintech企業『メリービズ株式会社』の代表としてもご活躍されていますが、海外・金融という視点から、今の兜町・茅場町エリアに必要なものはありますでしょうか?


工藤さん:金融はグローバルであるべきだと思っているので、兜町・茅場町エリアの伝統な部分を残しつつも、海外の方々がここで働いたり、住んだりできるような環境づくりが必要だと思います。


海外にあるものが日本になかったり、また、日本にあるのものが逆に海外にはなかったりするので、そういった環境づくりを通して新しい気付きが生まれ、日本の金融業界で働いている人たちの意識も変わり、金融サービスの設計にもプラスになるのではと感じています。


:日本橋まで行くと、外国の方を見かけるはときどきあるのですが、兜町エリアではあまり見かけないですね...。兜町エリアを含む日本橋一帯がもっとグローバルな環境になるともっと活気に満ちた場所になりそうだと感じました。



撮影:兜LIVE!編集部


◆兜町・茅場町にあったら嬉しいもの

:最後に、兜町・茅場町にこんなものがもっとあったら嬉しいな。と感じるものはありますでしょうか?


工藤さん :ロンドンには何度か訪れたことがあるのですが、中心街から少し離れた"カナリーワーフ"と呼ばれる新市街がロンドンの金融街として発展しています。カナリーワーフには、運河や広場などの開放的な空間も広がっていて、気軽に別の会社の人と会話ができたり、友人を呼んで食事を楽しむことができるので、金融街だけでなくゆとりのある街なんですね。


兜町・茅場町エリア付近には、隅田川などの自然豊かな憩いの場もあるので、そういった場所を有効活用しながら、この街にもゆとりのある空間をもっとつくっていくと良いなと思っています。


 :確かに、ビルが多いと疲れてしまいますよね...。工藤さんのお話を聞いて、自然があるような場所で働くことができたら、疲れも和らぐかも...と感じました!笑

工藤さん、本日はお忙しい中貴重なお時間をいただきありがとうございました。



まとめ

工藤さんへのインタビューを通して、兜町・茅場町エリアのことだけでなく、カナリーワーフといったロンドンの金融街のお話も聞くことができたので、とても楽しい時間となりました!工藤さんが出演された『Tokyo Financial Street 015』では、海外Fintechの現状もお話いただいているので、ぜひご覧ください♪


撮影:兜LIVE!編集部



◆『Tokyo Financial Street 015』(工藤さん出演)


一般社団法人Fintech協会


メリービズ株式会社



********************



▼兜LIVE!
兜町・茅場町の今を伝えるコミュニティサイト
兜LIVE!では、たくさんの方が兜町・茅場町に親しみを持っていただけるような楽しく勉強になるイベントを企画・実施していきます。イベントを開催したい方も今後、募集する予定です。Facebookやinstagramをフォローして最新情報をチェックしてくださいね。
・Facebook:https://www.facebook.com/kabut...
・Instagram:https://www.instagram.com/kiny...



Facebook

リンク

< 前のページに戻る