イベントレポート

2017.08.02

兜LIVE!主催で、御祖(みおや)酒造の『遊穂』を愉しむ会を開催しました!

こんにちは!

兜LIVE!編集部です。


日本橋兜町・茅場町にあるカフェ・サルバドルにて、兜LIVE!主催で、御祖(みおや)酒造の『遊穂』を愉しむ会を開催しました!


今回は、『遊穂』を愉しむ会の様子をお伝えしたいと思います。



撮影:兜LIVE!編集部


▼『御祖酒造』とは?

出典:御祖酒造HP(http://mioya-sake.com/)


能登が誇る「旨・酸」の酒蔵『御祖酒造』。

明治30年の創業以来、「ほまれ」を代表銘柄としてきましたが、平成18年に遊穂の横道杜氏が『能登杜氏自醸酒品評会・吟醸の部』で最優秀賞を受賞。御祖酒造では、常識や伝統だけに囚われず、常に革新の精神を忘れずに酒造りをしています。


御祖酒造のHPはこちら


▼『遊穂』を愉しむ会の様子

それでは、当日の様子を振り返りたいと思います!

まずは、イベントの説明と挨拶から始まりました。すでにお酒を飲まれている方がほとんどでしたので、最初から盛り上がっていました。笑


撮影:兜LIVE!編集部



撮影:兜LIVE!編集部


御祖酒造 代表取締役の藤田美穂さん!

なんと生まれも育ちも東京。

御祖酒造を継ぐために、東京での社会人生活に終止符を打ち、代表取締役に就任したそうです。



撮影:兜LIVE!編集部


今回の主役の『遊穂』について

『遊穂』は、「主役である料理に寄り添う日本酒」をコンセプトに藤田さんが、社氏(とうじ)である横道俊昭さんと試行錯誤を重ねながら立ち上げた日本酒ブランドです。兜LIVE!編集部でも『遊穂』をいただいたのですが、コンセプト通り思わずご飯が欲しくなるような...。そんな味わいのある日本酒でした。『遊穂』自体もご飯の味がしたような気がしました。笑


『遊穂』のHPはこちら


*社氏(とうじ)とは・・・お酒を作る職人さんのこと。



撮影:兜LIVE!編集部


盛り上がりながら、乾杯!



撮影:兜LIVE!編集部


撮影:兜LIVE!編集部


「主役である料理に寄り添う日本酒」が『遊穂』のコンセプトということもあり、料理付きのイベントでした!お食事と遊穂、両方楽しむことができます。



撮影:兜LIVE!編集部


『遊穂』を囲み、交流会♪

お酒も入ると、コミュニケーションも弾みます!



撮影:兜LIVE!編集部



撮影:兜LIVE!編集部


最後にはじゃんけん大会も♪

景品として、『遊穂』のオリジナルTシャツなどがありました!



撮影:兜LIVE!編集部


みなさん、写真撮影もしっかりしていました(´∀`)!


▼まとめ

撮影:兜LIVE!編集部


今回の『遊穂』を愉しむ会を通して、藤田社長から『遊穂』の説明を直接お聞きすることができたので、伝統的な日本酒を知ることができるとても有意義な時間を過ごすことができました。

また、オリジナルおちょこのプレゼントもあったので嬉しかったです。笑

兜LIVE!では、今後もお酒を楽しみながらのイベントも開催していきたいと思います。



御祖酒造


遊穂

Facebook

リンク

< 前のページに戻る