イベントレポート

2018.12.26

【はじまり商店街】オシャレなカフェの遊休資産活用 〜ひとつの棚から始まる、知の共有〜 に参加してまいりました!

こんにちは!

兜LIVE!編集部です。


先日(11/22)カフェ・サルバドルにて、はじまり商店街さん主催の「オシャレなカフェの遊休資産活用 〜ひとつの棚から始まる、知の共有〜」が開催されましたので、兜LIVE!編集部でも参加してまいりました!



◆はじまり商店街って?


はじまり商店街は、暮らし方・働き方・コミュニティを中心にライフスタイルに関わる企画プロデュース、遊休地の有効利用、まちづくり支援、イベント・ワークショップを手がけているコミュニティビルディングカンパニーで、「場所に捉われずに、個人課題を共有する場」をデザインすることを目指しています。


Facebookページには魅力的なイベント情報がたくさん掲載されています♪ 日本橋兜町・茅場町エリアだけでなく、都内・横浜を中心に様々な場所で開催されています!


はじまり商店街




当日お話いただいたはじまり商店街の熊谷さん♪



◆イベントの様子

今回のイベントのコンセプトは「知の共有」です♪ 


カフェ・サルバドルの本棚には、金融関連の書籍を中心に学びになる本がたくさん置いてあります。この本棚の一部をお借りして、"人生の中で自分に影響を与えた本"を実際に献本して、みんなと一緒に小さな本屋を作っていきます。


今回は献本をする前に、カフェには本がたくさんあるので、自分が気になる本を見つけて、実際にその本を読み、みんなで紹介し合おうという流れになりました!


まずは、自分の気になる本探しからスタート♪




カフェ・サルバドルには、金融の書籍の他にも、人生の学びになる本がたくさんあります。(漫画も!)みなさん、どの本にしようかな〜とじっくり考えていました。


私は、こちらの本を選びました!




世界史が大好きなので、タイトルを見てすぐに手に取りました(笑)

みなさんが1人1冊選び終わったところで、実際に選んだ本を20分ほど読んでいきます。




本が大好きな方が集まっているからか、みなさん真剣な眼差しで本を読んでいました。

私も自分が選んだ本がすごく楽しかったので、レポート用の写真撮影を忘れてしまうほど集中してしまいました!


そして、実際に読んだ後は、自分が選んだ本を紹介し合いました。


私が手にとった「最強の成功哲学書 世界史」は、成功した偉人や失敗してしまった偉人たちから、生きるためのヒントを得るという内容の本でした。ただ世界の偉人だけがまとめられているだけでなく、日本の偉人も書かれていたので、とても読みやかったです!




実際にみなさんが選んだ本を並べてみました。

"働かない"という本のインパクトが強いです...。


カフェ・サルバドルで読んだ本を紹介し合った後は、参加者自身が「人生の中で自分に影響を与えた本」を紹介し合いました。


みなさん、それぞれ違った人生があるので、自分に影響を与えた本のジャンルも様々で、まるでみなさんの人生そのものの話を聞いているような...そんな気持ちになりました(*^^*)


その後に、具体的にどんな本棚にすると良いのかについて、参加者のみなさんでディスカッションしました。




季節によって本棚の装飾を変えよう!冬なのでクリスマス仕様にしよう!など素敵なアイディアがたくさん出ましたが...装飾は時間がかかってしまいそうなので、今すぐできそうなことにしよう〜!という話になり、まずは、本に"一言キャッチコピー"をつけて献本することになりました。


実際にシンプルで素敵な本棚が完成しました♪




一言キャッチコピーも、個性があって素敵ですね♪

まだまだ小さな本棚ですが、ここをきっかけに様々な人がつながり、様々なコミュニケーションが生まれてくれたら嬉しいなと思いました(๑˃̵ᴗ˂̵)!


◆まとめ

今回のイベントを通して、やっぱり本って素敵だな...と感じました!最近ではテクノロジーの発達で、実際に本を買わなくてもスマートフォンやタブレットでも書籍が楽しめるようになりました。そういったテクノロジーも便利で私たちにとって必要不可欠な存在になっていますが、実際に本(モノ)があると、そこから様々なコミュニケーションも生まれるので、そういった大切なことを忘れないようにしよう!と感じました。

新しくできた本棚がこれからどう変わっていくのか、とても楽しみです♪



はじまり商店街



******************


▼兜LIVE!(かぶとらいぶ)
人と歴史と未来をつなぐ応援プロジェクト
兜LIVE!では、たくさんの方が兜町・茅場町に親しみを持っていただけるような楽しく勉強になるイベントを企画・実施していきます。Facebookやinstagramをフォローして最新情報をチェックしてくださいね。
Facebook
Instagram


Facebook

リンク

< 前のページに戻る