イベントレポート

2020.03.06

第11回 兜LIVE!平日夜ごはん会~魚と酒 宍くら~を開催しました!

こんにちは!
兜LIVE!編集部です。


2月20日(木)、2020年最初の「平日夜ごはん会」を開催しました。
会場は、茅場町駅から徒歩1分、茅場町1丁目にある「魚と酒 宍くら(ししくら)」です。

今回も店主のご厚意で貸し切りに、そして、兜LIVE!特別メニューをご用意いただきました!


◆「魚と酒 宍くら」さんって、どんなお店?


店主が毎朝豊洲市場へ通って選び抜いている、新鮮な食材を使った料理が楽しめる宍くらさん。上質なのにリーズナブルで、常連さんも多い人気店です。もちろん、日本酒の種類も豊富です!


コスパ抜群のランチメニューも好評で、お昼時は近隣のオフィスワーカーでいつも賑わっています。


また、お店は静かなエリアにあり、店内は清潔感がある落ち着いた雰囲気。大切な方との食事、特別な会食にもピッタリです!



◆店主が目利きした新鮮な魚に舌鼓…♪

本日のお品書き~兜LIVE!特別コース~

・しらすと玉ねぎのサラダ
・海老、鶏、しいたけの茶わん蒸し
・海老の塩ゆで
・お刺身盛り合わせ
・カマスの塩焼き
・牡蠣とアスパラの天ぷら
・豚肩ロースの出汁煮
・鯛出汁茶漬け


一品ずつ、いただいて参りましょう♪


・しらすと玉ねぎのサラダ

食べて驚くなかれ、このしらすのフワフワ具合!良いしらすって、こんなにフワフワなんですね。一匹一匹の輪郭が舌で感じられるほどです。玉ねぎも甘く、薬味のみょうがも良い仕事しています。


・海老、鶏、しいたけの茶わん蒸し

素材から良い出汁が出ています~!胃がホッと落ち着ますね。最後に乗せた柚子が、これまた良い仕事をしてくれています。



・海老の塩ゆで

プリプリを通り越してブリブリ!大ぶりなのに、何もつけなくても十分しっかりと味がします。



・お刺身盛り合わせ

左からスミイカ、マグロ、真鯛です。スミイカには宮古島の雪塩が振ってあり、醤油につけずにいただきます。甘みがしっかりあって、歯ごたえも◎!マグロはトロトロ、舌にしっかり後味が残り、余韻が楽しめます。真鯛はスッキリと甘く、プリプリした食感も嬉しいです。


・カマスの塩焼き

ふっくら……!そして、肉厚……!しっかり塩が染みていて、日本酒と交互にエンドレスで行けちゃいます。途中でカボスをキュッと絞って爽やかさをプラス、これまた良いです。



・牡蠣とアスパラの天ぷら


こちらも宮古島の雪塩でいただきます。身がふっくらと大ぶりな牡蠣は、とってもミルキー。牡蠣もアスパラも、雪塩で甘みが一層引き立ちます。



・豚肩ロースの出汁煮

豚肩を割烹出汁で煮たというこちら。スジまで柔らかくコリコリとした食感、噛むと出てくる優しい肉汁がたまりません。


・鯛出汁茶漬け

鯛の頭を煮て取った出汁に、ゴマペーストを溶かしたお茶漬け。ゴマの香ばしさが、出汁の奥行きを深めます。こちらの出汁は、ランチではお椀として提供しているそうです。



◆店主 宍倉さんのお話~宍くらと兜町~

宍くらさんのお料理の美味しさを知り、気持ちもホッコリとほぐれてきたところで、店主の宍倉さんにお話を伺うことに。

バックストーリーや、日本橋兜町・茅場町エリアについての考えをお聞かせいただきました。



兜LIVE!編集部)こちらのお店はいつ開店したのですか?
宍倉さん)2017年7月にオープンしました!


兜LIVE!編集部)まだ新しいお店なのですね。料理をいただいてみて、目利き力と腕が相当高いように思います。宍倉さんはこれまで、どのような料理人人生を送ってこられたのですか?
宍倉さん)もともと私は魚屋からスタートし、それが長かったです。そのあと勝どきにある魚を中心とした和食料理屋で3年働き、独立しました。


兜LIVE!編集部)なぜ、この茅場町という土地にお店を構えようと思われたのですか?
宍倉さん)物件を探していた当初は、茅場町にこだわっていたわけではないのですが、サラリーマンに来ていただける場所が良いなと思っていました。それで、たまたまこちらの物件が空いたんです。


兜LIVE!編集部)茅場町にご縁があったのですね!宍倉さん、噂によると、毎朝自転車で豊洲市場に通われているとのこと……本当ですか?
宍倉さん)はい、店先にある電動自転車で行っています(笑)片道20分くらいですね。カゴをパンパンにして帰ってきます。


兜LIVE!編集部)開店から3年目とのことですが、心に残っているエピソードはありますか?
宍倉さん)最初に比べると、だいぶ常連さんが付いて下さいました。おひとりでいらっしゃる常連さんも多いです。年に1~2回くらい、イベントとして常連さんと鍋パーティをしたり、BBQをしたりしています。BBQの時は、私は市場で食材を買って持ち込みます。皆さんとより仲良くなれるので、日々の営業も一層楽しくできて、嬉しいですね。


兜LIVE!編集部)ランチメニューも大人気とのこと!ランチメニューは何種類あるのですか?
宍倉さん)6種類です。最近は平均すると45食くらい出ています。


兜LIVE!編集部)今、この日本橋兜町・茅場町は再開発が進んでいますが、これからこの街がどのようになってくれたら嬉しいですか?どのようなお客さんに来て欲しいですか?
宍倉さん)早くあちらの建物(建設中のKABUTO ONE)が出来て、もっと人が増えてくれると良いですね。わたし的には、領収書を切ってくれるようなビジネスユースのお客さんが増えたら良いなと思っています(笑)



◆参加者の中に、蔵元さんが……!

お洒落なファッションでひときわ目を引いていたこちらの方。実は、愛知県岡崎市にある丸石醸造株式会社の代表・深田英揮さんなのです!



丸石醸造さんは、元禄3年(1690年)創業、今年で330周年という老舗です。
自慢の名酒「二兎」を振舞って下さいました。



この「二兎」という名前は、「二兎を追わないと、二兎を得ることは出来ない。香りも味も追求したい」という思いから付けたのだそうです。素敵ですね!その名の通り、深い香りとしっかりとした味わいが癖になるお酒でした!



◆まとめ

店主の料理と美味しい日本酒で、あっという間に3時間が経ちました。

宍くらさんは今年の7月で開店3年目とまだ新しいお店ですが、すっかりこの地域の方に愛されています。古いお店も新しいお店も、魅力的なお店ばかりが集まる茅場町。皆さんも是非、この街にふらりと一杯立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


そして、美味しいご飯とお酒、初めましての方との交流も楽しめる「兜LIVE!平日夜ごはん会」、皆さまのご参加お待ちしております!

宍くらさん、参加者の皆さん、ありがとうございました!


---------------------------------------------------
魚と酒 宍くら
[住所] 東京都中央区日本橋茅場町1-6-2
[アクセス] 地下鉄 東西線・日比谷線 茅場町駅10番出口より徒歩1分
(茅場町駅から131m)
[電話番号] 03-6206-2929
[営業時間] ランチタイム【月〜金】 11:30〜13:30
ディナータイム【月〜土】 17:30〜23:00
[定休日] 日曜日
---------------------------------------------------


(ライター:安藤小百合



******************
▼兜LIVE!(かぶとらいぶ)
人と歴史と未来をつなぐ応援プロジェクト
兜LIVE!では、たくさんの方が兜町・茅場町に親しみを持っていただけるような楽しく勉強になるイベントを企画・実施していきます。Facebookやinstagramをフォローして最新情報をチェックしてくださいね。
Facebook
Instagram

Twitter



Facebook

リンク

< 前のページに戻る