イベントレポート

2020.02.09

第21回『日本酒を蔵元トークとテイスティングで楽しむ』を開催しました。

こんにちは!
兜LIVE編集部です。


1月25日(土) 、日本橋茅場町にあるFinGATE KAYABAにて、第21回『日本酒を蔵元トークとテイスティングで楽しむ』を開催しました。



事始めの街と呼ばれている日本橋兜町・茅場町。江戸時代には酒問屋で賑わっていたこの街には、今でも日本酒の種類が豊富な名店が点在しています。


兜町・茅場町を応援する兜LIVE!では、「日本酒」をまちの魅力の一つと捉え、どなたでも参加できるイベントを月1回の頻度で開催。日本各地の蔵元をお招きし、楽しく日本酒について学び、味わい、交流しています。


今回のゲストは、岐阜県美濃加茂市の御代桜醸造さん。
同社が手掛ける日本酒ブランド「御代櫻」「津島屋」のご紹介、蔵元の「日本酒に対する想い」などをお話しいただきました。


◆まずは、ぶらり街歩き

まずはこの街のことを知らなくては!ということで、イベント前には希望者が集まり「街歩き」を開催。兜町・茅場町の歴史ある名所を、ぶらりと巡りました。
 


◎プレナスさん本社
 


みんな大好き「ほっともっと」や「やよい軒」を展開するプレナスさん。「米食文化研究所」を設置し、米文化継承事業に力を入れているそうです。ワークショップの開催などもあるそう。


◎KABUTO ONE
 


建設中のこちらは、地下2階、地上15階建てのオフィスビルになります。約200席の巨大フードコートで、近隣のランチ難民を救います。


◎銀行発祥の地
 

街中には、こうして歴史を教えてくれる掲示がいくつもあります。


◎K5
 


兜町第5ビル。こちらは2020年2月に「K5」と名称を変え、ホテル、レストラン、バー、コーヒーショップ、ビアホールが入った施設に生まれ変わります。ビアホールは、ニューヨーク初のクラフトビールブランド「ブルックリン・ブルワリー」の世界初フラッグシップ店。ビール好きは注目です!


◎日証館
 



取引所の喧噪を今に伝える、重厚な証券集合ビル。戦時中は「ビルディング」という横文字が使えなかったため、漢字名を採用したそうです。最近はドラマの撮影に使われることも多いとか。入口のシンボル「赤石」は、なでるとご利益があると言われています。


◎東証正門


東京証券取引所の正門です。辰巳の方角に向いていて、縁起が良いそう。


◎日枝神社
 

子授け、子宝、商売繁盛のご利益がある日本橋日枝神社。
商売繁盛のお守りを購入された方も居ました。


(この方、実は……。正解は後ほど!)


参加者の方からは、「はじめてこの辺りを歩きましたが、こんなビルの中に神社があるんですね~」と驚く声も。

あっという間の45分。皆さん「このあたりの街並みが良く分かった」と、大満足でした!
 

続いて、本題の日本酒イベントに入ります!


◆蔵元トーク



この日のゲストは人気の蔵元さんということで、43名もの申し込みがありました。


御代桜醸造の代表取締役、渡邉博栄さんのご登場です!
 

(おや、この方……先ほどお守りを購入していた方!蔵元さんだったのですね)


渡邉さんは、大学の経営学部を卒業された後、麒麟麦酒株式会社を経て、2003年に御代桜醸造株式会社に入社。2005年より6代目として代表を務めています。趣味はランニングと登山という、アクティブな代表さんです!
「うちの酒造に来たことがある方~?」という渡邉さんの問いに手を挙げた参加者は、なんと10名強!皆さん、知っているどころか、既に実際に足を運んでいるんですね!


◎御代桜醸造とは
岐阜県美濃加茂市にある酒造場。明治26年(1893年)創業、今年で127年目という老舗です。生産能力は年間約800石で、一升瓶にして8万本。従業員数は8名ですが、昨今はベテラン社員の定年もあり、若返りが課題なのだとか。



◎岐阜県美濃加茂市とは
御代桜醸造のある美濃加茂市は「日本のへそ」と言われており、東京、神奈川、名古屋、大阪など、大消費地へのアクセスが非常に便利な場所。外国人比率が9.2%と高いのも特徴です。酒造りに適した良水があり、乾燥して安定した気候の中で酒造りに取り組めるそうです。


◎2ブランドの日本酒を展開
御代桜醸造の主な事業内容は、日本酒をはじめとした酒類と、奈良漬けなど食品の製造・販売。日本酒は、手仕込みと最新技術の融合で製造しており、「御代櫻(みよざくら)」「津島屋(つしまや)」という2ブランドを展開しています。


こちらの蔵元の代表商品である「御代櫻」は、地元原材料にこだわったラインナップ。地域に貢献し、より地域で愛される地酒を目指しています。直販や海外輸出も伸長中だとか。

一方の「津島屋」は、2012年誕生の新ブランド。創業当時の屋号だというこちらは、特定名称(純米系)の品質管理にこだわった商品で、今後の大きな進化が期待されます。


 


◎日本酒の伝統を守ろう!
近年、若者の日本酒離れが進んでいるそうです。若い方々に日本酒の魅力を広めるため、イベントなども開催しているのだとか。


渡邉さんは、「日本酒は単に酔う為だけのアルコールではなく、歴史や伝統に裏付けられた失われてはならないもの。日本が持つ大切な価値の1つとして伝えていきたい」と、力強くお話しされていました。

私たちも積極的に日本酒を楽しみ、伝統を絶やさないようにしたいですね!

 


◆3種類を利き酒!

続いては、お待ちかねのテイスティングタイムです!

テイスティングしたお酒は、こちらの3種類。
 


左)津島屋外伝 純米大吟醸 四十三才の春
中)津島屋 純米大吟醸 備前産雄町 無濾過生原酒 H30BY
右)津島屋 純米吟醸 廣島産八反錦 無濾過生原酒 R1BY


ABCそれぞれのおちょこに注がれた日本酒が、上記3つのどれに当たるか、ブラインドテイスティングです。

なんと、全問正解した方がこんなに!
 


正解した方には、御代桜醸造オリジナルの升がプレゼントされました♪


 

追加のお酒もご用意しました。
蔵元おすすめ、こちらの3種です。
 


左)津島屋外伝 純米酒 der Nordwind(北の風)Perlwein2020
中)御代櫻 特別純米酒 岐阜県産ひだほまれ 無濾過生原酒 R1BY
右)津島屋 純米吟醸 信州産美山錦 幕開け R1BY


実際に味わいながら蔵元の説明を聞くことで、日本酒についての理解が深まります。


お酒に合う地元のおつまみもご用意しました。

・御代櫻ライン漬(奈良漬/御代桜醸造製)
・ハム(明宝ハム、明方ハム)
・赤カブの漬物
・飛騨のあげちゃん(油揚げに味噌だれを染み込ませたもの)
・おかず味噌(ヤマコノ製)


地元産の日本酒とおつまみのペアリング、嬉しいです。
その後も、みなさん存分に日本酒を堪能していました。


◆まとめ

あっという間に予定の90分が終了。御代桜醸造さんの「御代櫻」「津島屋」について、たっぷり学び、たっぷり味わうことができました。みなさん、そして渡邉さん、ご参加ありがとうございました!

 




本イベント「日本酒を蔵元トークとテイスティングで楽しむ」は、これからも月1回の頻度で開催予定です。お酒好きの方、これから日本酒について学びたい方、お気軽にご参加ください!
お待ちしております♪


開催予定はこちらから


御代桜醸造
*御代桜醸造Instagram(@miyozakura_brewery)


(ライター:安藤小百合


******************
▼兜LIVE!(かぶとらいぶ)
人と歴史と未来をつなぐ応援プロジェクト
兜LIVE!では、たくさんの方が兜町・茅場町に親しみを持っていただけるような楽しく勉強になるイベントを企画・実施していきます。Facebookやinstagramをフォローして最新情報をチェックしてくださいね。
Facebook
Instagram


Facebook

リンク

< 前のページに戻る